hroko's はてな diary

ゆるふわ気ままな日記です。はてなダイアリーからのインポートを引き継ぎます。

読書メーターのまとめ 2024年01月分

1月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:882
ナイス数:10

三島由紀夫文学論集 I (講談社文芸文庫)三島由紀夫文学論集 I (講談社文芸文庫)感想
「太陽と鉄」と「実感的スポーツ論」を読んでみたくて。自分のスポーツ・トレーニング体験を語る「実感的スポーツ論」は素直に共感できます。一方で、「太陽と鉄」は、何だか、その背景を知らない不勉強な私には、何を言いたいんだろう、と思う一方、素朴に精神と肉体、ってことなら、分からなくもないかと。その他の収録作では、「作家の休日」が面白かった。スターでもある、作家のそういう日常は、今なら、ツイッターみたいなもので、共有されているのでしょうけれど。読まれることを前提にした日記 ー Blog の過去形ですね。
読了日:01月14日 著者:三島 由紀夫,虫明 亜呂無
三島由紀夫文学論集 II (講談社文芸文庫)三島由紀夫文学論集 II (講談社文芸文庫)感想
「裸体と衣装」、スターでもあるような作家の読まれることを前提にした日記は、令和の現在からすると、不思議と興味を惹かれます。作家がスターでもあるような、そういう時代、文学や教養がすごく重みのあるような時代を意識できる、貴重な読書体験でした。
読了日:01月14日 著者:三島 由紀夫,虫明 亜呂無
九十八歳になった私九十八歳になった私感想
震災の後に再読してみると、罹災後の仮設住宅での暮らし方の覚悟とか、あるいは、地震津波を前提とした、日本の街づくりとか、そもそも、どういう国でありたいのか、っていうレベルでいろいろと考えさせられる空想私小説です。作者と同様に、「今度、地震がきたら死ぬから大丈夫」って言えたらいいのですが。
読了日:01月15日 著者:橋本 治

読書メーター

読書メーターのまとめ 2024年01月分

12月の読書メーター
読んだ本の数:3
読んだページ数:1383
ナイス数:17

シャーロック・ホームズとシャドウェルの影 (ハヤカワ文庫FT FTラ 5-1)シャーロック・ホームズとシャドウェルの影 (ハヤカワ文庫FT FTラ 5-1)感想
シャーロックホームズの作品世界が実はクトゥルフ神話の物語が現実でもあるという、ホームズとクトゥルフ神話、両方のパスティーシュとなっています。シャーロックホームズの正典は、実はワトソン氏の虚構で、本当の活躍は旧支配者や旧神その他の怪異から日常を守ことだった、という設定でモリアーティとのライヘンバッハの滝の真実を楽しめました。
読了日:12月16日 著者:ジェイムズ ラヴグローヴ
シャーロック・ホームズとミスカトニックの怪 (ハヤカワ文庫FT FTラ 5-2)シャーロック・ホームズとミスカトニックの怪 (ハヤカワ文庫FT FTラ 5-2)感想
シャーロックホームズとクトゥルフ神話パスティーシュの2作目、クトゥルフ神話っぽく、二部構成で、アーカム近郊ででシュゴスを探す、というクトゥルフ神話な物語と、ホームズの長編的な構成を楽しめます。そして、正典」との関連なども楽しめました。
読了日:12月16日 著者:ジェイムズ・ラヴグローヴ
シャーロック・ホームズとサセックスの海魔 (ハヤカワ文庫FT)シャーロック・ホームズとサセックスの海魔 (ハヤカワ文庫FT)感想
ホームズとクトゥルフ神話パスティーシュ3部作の完結、隠居先から成り行きでUボートでルルイエへの航海とか、クトゥルフ神話な成り行きをホームズ物の構成で無理なくしたていています。モリアーティとの決着後、ホームズ物のパスティーシュの結末の後に、いかにもクトゥルフ神話的な結末で締めくくるのは好いですね ...
読了日:12月16日 著者:ジェイムズ・ラヴグローヴ

読書メーター

読書メーターのまとめ 2023年11月分

11月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1666
ナイス数:16

おくのほそ道: 付 曾良旅日記 奥細道菅菰抄 (岩波文庫)おくのほそ道: 付 曾良旅日記 奥細道菅菰抄 (岩波文庫)感想
「月日は百代の過客にして行きかふ年も又旅人也」で始まる、国語の教科書どおりの冒頭、旅に出られない、引きこもりの連休に一気に読んでしまいました。注釈や実際の旅の日程など、実際は、どうだった、という好奇心も満たしてくれる構成です。連休の読書を楽しめました。
読了日:11月04日 著者:松尾 芭蕉
ソロキャン! (朝日文庫)ソロキャン! (朝日文庫)感想
職場のモヤモヤを解消するため、「そこに焚き火が、焚き火さえあれば、ほかになにもいらない」という楽しみのために、キャンプを再開するお話です。あまり、職場などの不愉快な思いを書かれても楽しくないけれど、ソロキャンプの楽しみだけをダラダラ書かれても ... まぁ、それはそれで楽しいかもしれないのですが、バランス良くまとまっていて、気軽に楽しめました。
読了日:11月23日 著者:秋川滝美
貧乏令嬢の勘違い聖女伝 ~お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?~【特典SS付】 (一迅社ノベルス)貧乏令嬢の勘違い聖女伝 ~お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?~【特典SS付】 (一迅社ノベルス)感想
ダンジョンで力尽きたら、もう一度、人生をやり直すように転生したヒロインの利己的・打算的な頑張りが勘違いされて、聖女のように祭り上げられていくお話 ... 文章を楽しむ・味わうことはないけれど、頑張るヒロインの努力が誤解されよい話になる、そういう展開は楽しめます。毒がなく、なんとなく楽しい冒険ファンタジーが必要な時には、再読するかも。
読了日:11月25日 著者:馬路まんじ
「三島由紀夫」とはなにものだったのか (新潮文庫)「三島由紀夫」とはなにものだったのか (新潮文庫)感想
豊饒の海』の完結編を書いて自殺した小説家、あくまでもその視点で小説家の「三島由紀夫」を語る、説明する内容です。著者の立場や理解の仕方に納得できなければ、まぁ、三島由紀夫の受容は人それぞれでしょう ...
読了日:11月25日 著者:橋本 治
貧乏令嬢の勘違い聖女伝: 2 ~お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?~【特典SS付】 (一迅社ノベルス)貧乏令嬢の勘違い聖女伝: 2 ~お金のために努力してたら、王族ハーレムが出来ていました!?~【特典SS付】 (一迅社ノベルス)感想
普通に、1巻の続きで、1巻と同様に、「聖女様の活躍はこれからです」という感じに終わっています。ヒロインの魔法が強力になって、敵も相応に強くなって、戦闘シーンが派手になる以外は、別に続編なくても、という感じです。もう少し、「勘違いされて聖女らしいことをしている」という方向で楽しみたかった。
読了日:11月26日 著者:馬路まんじ

読書メーター

読書メーターのまとめ 2023年10月分

10月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:1085
ナイス数:17

仕事も人間関係もうまくいく放っておく力: もっと「ドライ」でいい、99の理由 (知的生きかた文庫 ま 41-10)仕事も人間関係もうまくいく放っておく力: もっと「ドライ」でいい、99の理由 (知的生きかた文庫 ま 41-10)感想
1項目が見開き2ページ、解説というか、本文は1ページの全99項目の禅にもとづくに端的に述べた「教え」というか「ヒント」から、意識していない執着とかこだわりとか、気にしすぎなどを自覚して、そういうことはやめて自由になれば楽になる、なるほどなぁ、そうですね、という内容です。サラッと読めて、気持ちが楽になれます。
読了日:10月28日 著者:枡野 俊明
多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 (サンクチュアリ出版)多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。 (サンクチュアリ出版)感想
押し付けがましさない、そういう文体・構成です。その上で、そんなこと、気にしなくても良いのです、ということを、端的な一言と四コマ漫画、1〜2ページ程度の文章で解説してくれます。まぁ、役に立ちそうなところだけ、参考にします、それで良いという内容ですがが、それが良いです。
読了日:10月28日 著者:Jam
九十八歳になった私九十八歳になった私感想
ダラダラと、再読 ... 「人間の記憶というものはどうしようもない。勝手のそれらしいものを持ち出して来る」なんていうフレーズがあって、不思議に、気になるので。それって、生成AIじゃないの、とか思ったりして。
読了日:10月28日 著者:橋本 治
堕天使拷問刑 (ハヤカワ・ミステリワールド)堕天使拷問刑 (ハヤカワ・ミステリワールド)感想
僻地の町、名家に引き取られた孤児の主人公が語る、不思議な殺人事件の顛末 ... 学校生活の苦労、自警団による地域での揉め事の処理、憑き物落としや姥捨の習慣を知らない主人公が感じる緊張感などを楽しみつつ読み進められました。不可解な出来事にオカルトな解釈をする、いかにも中学生な視点がタイトルにつながるのでしょう。
読了日:10月30日 著者:飛鳥部 勝則

読書メーター

読書メーターのまとめ 2023年09月分

9月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:426
ナイス数:11

九十八歳になった私九十八歳になった私感想
後書きによれば、近未来空想科学私小説、自身の年齢が九十八前後の未来で、どう生きているのかを、老いた自身、首都直下地震から復興ままならい日本、超老大国への批判などと共に、延々と書き、内言語で語る。 読まれることを前提にした日記だろうけれど、作家であった私は、自身の原稿用紙の裏に、墨汁で書いているくらいの世情なのだ。 この本、2016年に執筆されているのに、「パンデミックじゃないからビニールシートはかけなかった云々」って、コロナ禍あとだとなんでもないけれど、すごい先見性も感じられます。
読了日:09月23日 著者:橋本 治
神田ごくら町職人ばなし 一 (トーチコミックス)神田ごくら町職人ばなし 一 (トーチコミックス)感想
江戸の「職人」を格好良く描いていて、職業が自己実現であり、生き方でもあるような世界を堪能できます。「桶職人」の最後の場面、よい仕事の後、一杯のお酒の美味しさのような絵は、とても素敵だと思います。
読了日:09月30日 著者:坂上 暁仁

読書メーター

読書メーターのまとめ 2023年08月分

8月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:1396
ナイス数:10

二十世紀〈上〉 (ちくま文庫)二十世紀〈上〉 (ちくま文庫)感想
1900年から1年ずつ、その年についてのコラムをまとめた本の前半 ... 明治、大正、昭和という移りかわりは、もはや「むかし話」のようですが。100年前の震災の年は、震災よりも、むしろ何故虐殺があったのか、を考察するなど、独特な視点で20世紀を振り返ることができます。
読了日:08月20日 著者:橋本 治
二十世紀(下) (ちくま文庫)二十世紀(下) (ちくま文庫)感想
二十世紀の後半、1年ずつ、その年についてのコラム集の後半です。戦後から高度経済成長、バブル経済とその後、という冷戦中、冷戦と関係なかった日本は、戦後の貧しさというか、悲惨さからの回復だけしか考えてなかったのかと。そうして、平成になって、あり方を考えていなかったツケが回ってきたような読後感です。冒頭、1900年に二十世紀を祝っていたように、2000年に二十一世紀を祝う、100年程度では、人間の本質的な部分は変化しないのですね。
読了日:08月20日 著者:橋本治
狂骨の夢(1)【電子百鬼夜行】狂骨の夢(1)【電子百鬼夜行】感想
プロローグだけで、1冊分 ... シリーズ物の導入と思わなければ、ちょっと辛いかも。とはいえ、お話を読んで時間を過ごす幸せはありますが。
読了日:08月25日 著者:京極夏彦
狂骨の夢(2)【電子百鬼夜行】狂骨の夢(2)【電子百鬼夜行】感想
事件が起きて、関係者が情報を共有して、そうして、読者の視点での物語の解釈が出来始めるのですが、まぁ、あれこれ、面倒なお話になってますね。だから、最後の謎解きというか、まとめが面白いのですが。
読了日:08月25日 著者:京極夏彦
狂骨の夢(3)【電子百鬼夜行】狂骨の夢(3)【電子百鬼夜行】感想
まぁ、ほぼ前編、解説編です。そうして、ああ、入れ替わりか、とか、同じ構造の家が並んでいるとか、そういう仕掛けと壮大な神の復活を志す人の執念とか、盛りだくさんな仕掛けを楽しめました。
読了日:08月25日 著者:京極夏彦

読書メーター

読書メーターのまとめ 2023年07月分

7月の読書メーター
読んだ本の数:2
読んだページ数:596
ナイス数:21

滴水古書堂の名状しがたき事件簿 1 電子書籍特典付き (レジェンドノベルス)滴水古書堂の名状しがたき事件簿 1 電子書籍特典付き (レジェンドノベルス)感想
気軽な日曜日の午後の読書に ... クトゥルフ風味もあるし、都度、謎の団体が登場したりと、オカルト風味もあるのですが、これらを全部伏線にしたら、まとまらないだろうな、と思いながらヒロインの冒険と異常な世界への適応を楽しめました。
読了日:07月09日 著者:黒崎江治
滴水古書堂の名状しがたき事件簿 眠れぬ人の夢 【電子特典付き】 (レジェンドノベルス)滴水古書堂の名状しがたき事件簿 眠れぬ人の夢 【電子特典付き】 (レジェンドノベルス)感想
日本の山間部や、山奥の村 ーー 陸の孤島での伝奇的な冒険という趣向が強くて、1巻とは趣が変わっています。さらにSF風味な異星人絡みの冒険は、ちょっと逸脱しているかのようにも思えるのですが、まぁ、日曜日の午後の気軽な読書には悪くないか。
読了日:07月23日 著者:黒崎江治

読書メーター